転職お役立ちコラム

『失業手当』と『再就職手当』とは?仕事を辞めた時、知っておくと得すること

「失業手当」と「再就職手当」ってなぁに?

会社を退職してから転職活動を行う際にもらえる給付金のことです。

今回は「失業手当」と「再就職手当」が支給される条件をまとめてみました!

手当をもらうための8つの条件

手当が支給される条件は次のようになっています。

支給される条件

  • 7日間の「待機期間」が終了している
  • 失業手当の支給残日数が「3分の1以上残っている」
  • 就職先が「離職前の会社」と関係ない
  • 最初の1か月はハローワークまたは職業紹介事業者の紹介である
  • 再就職先で1年以上の雇用が見込める
  • 再就職先では雇用保険の条件を満たしている
  • 再就職手当または、常用就職支度手当の支給を受けたことがない
  • すでに採用が決まっていた、事業主に雇用されたものでない

出典:厚生労働省(Q&A~労働者の皆様へ(基本手当、再就職手当~)

それぞれ説明していきますね。

7日間の「待機期間」が終了している


離職した会社からもらう「離職票」をハローワークに届け出ることで、「失業手当」を給付することができます。

「離職票」を届けでた日から7日間を「待機期間」といいます。

この「待機期間中」は「アルバイト」もダメなんです。

この待機期間中に「再就職」をしてしまうと再就職手当が給付されないので注意してくださいね。

「自己都合で退職した」場合「待機期間終了から3カ月」は「失業手当」が給付されないので、いきなり無一文にならないように備えておきたいですね。

失業手当の支給残日数が「3分の1以上残っている」


「再就職手当」とは失業手当の給付日数が残っている場合に支給されるものです。

失業手当の手続きをした「7日間は待機期間」になりますので、手続きしてから7日後に「再就職手当」も支給することができるというわけですね。

計算される期間は「就職予定の前日まで」で、「給付日数が所定給付日数の1/3」残っていなければなりません。

手当は以下の式で計算されます。

「基本手当日数」 x 「支給残日数」 x 60% または 70%
給付日数が「1/3以上残っている場合は60%」「 2/3以上残っている場合は70%で計算されます。」
式だけ言われてもわかりずらいなぁ

簡単に例を出してみると

仮に基本手当が「5000円」で「給付日数が90日」だとすると1/3以上残っている場合は

5000 x 30 x 60% = 9,0000円

2/3以上残っている場合

5000 x 60 x 70% = 21.0000円

となりますね。

2/3以上残っている場合は「約1か月分の給料ほど支給される」ことになります。

残りの日数によって金額が変わってしまうため、早く決まれば決まるほど多くもらえることになります。

就職先が「離職前の会社」と関係ない


再就職先が「離職前の会社」と「関係がある企業」の場合、支給の対象にならないことがあるんです。

とくに、「グループ会社」や「関連会社」に再就職するときは支給の対象にならない可能性が高いです。

また直接的に関連会社でなくとも、じつは「資金の面などで関わりが強い」なんて場合もあるんですね。

再就職する前に、選んだ時点でよく相談しましょう。

最初の1か月はハローワークまたは職業紹介事業者の紹介である


この条件は「自己都合で退職された方」が対象です。

待機期間の7日間が過ぎた後の最初の1カ月はハローワークまたは「職業紹介事業者」で就職した場合のみ、「再就職手当」が支給されます。

ハローワークまたは「職業紹介事業者」でないチラシの求人や求人サイトでの就職の場合、支給されないので注意しましょう。

ハローワークは分かるけど、職業紹介事業者ってなぁに?

厚生労働省によって優良業者であることが決められている業者のことです。
マイナビレバテックキャリアなどがあたります。

職業紹介事業者で検索するとすぐにあたりますので、ハローワークを利用しない場合は業者を調べてから就職先を探しましょう。

再就職先で1年以上の雇用が見込める


「派遣社員や契約社員」「アルバイト」などの場合1年以上継続して働けるかによって給付されないことがあります。

「契約している会社の判断」になってしまうそうなので、そのような場合「再就職手当」の対象になるか事前に相談しましょう。

正社員の場合、無期限雇用なので問題なく再就職手当給付の対象になります。

再就職先では雇用保険の条件を満たしている


労働条件によっては、雇用保険に入れないことがあるため注意が必要なんです。

雇用保険に入るには以下の2点の条件が必要になります。

・31日以上の雇用見込みがあること
・1週間あたりの所定労働時間が、20時間以上であること

「アルバイト」や「パート」などの場合、労働時間が足りないこともありえますので注意しましょう。

正社員の場合は、雇用保険が適応されるので問題はないですね。

再就職手当または、常用就職支度手当の支給を受けたことがない


「就職支度手当」とは障碍者または就職が困難な方が、就職した場合に支給される手当です。

再就職日から過去3年以内に「再就職手当」または「常用就職支度手当」を支給されたかたは、再就職手当が支給されないことになっています。

3年以内に転職した場合などは、条件を満たしていても残念ながら支給されないです。

すでに採用が決まっていた、事業主に雇用されたものでない


ハローワークに登録するまえに、すでに採用が決まっている場合は再就職手当が支給されません。

登録する前に就職先が決まっている場合、当然手当は受けられないですよね。

ハローワークに登録する前に就職先が決まりそうなら、1週間~2週間待ってもらうと再就職手当が受給できるので、調整してみましょう。

まとめ

失業手当・再就職手当を受給するにはハローワークに「離職届」を提出して7日後から対象になります。

また再就職日から過去3年以内に手当を受給している場合は支給されませんので注意しましょう。

雇用保険の関係や勤続の見込みの関係から、正社員として就職したほうが手当を受けるうえで条件をクリアしやすいです!

支給残日数によって支給額が10%も変わってしまいますので、登録したらはやめに就職して少しでも高い給付金を貰いましょう!

RECOMMEND

1

新卒で入社したけど『もう仕事を辞めたい』『我慢できない』という方に向けて。新卒入社でカフェのフロアスタッフとしてして働いたけれど、約1年で退職した私からアドバイスです。心がだめになるまで続ける必要なんてありません。

2

女性はライフステージによって休職や転職しなければいけないときがありますよね。
そこでこの記事では女性の転職に有利な資格をまとめてみました。
一生職に困らない、転職に有利な資格とはなにかご覧ください。

3

「今日は会社に行く気がしない・・。」「たまには会社をさぼりたい・・。」なんてことありませんか?本記事では、実際に私の周りで使われていた欠勤理由をご紹介します。今から使える欠勤理由です。本当に仕事に行きたくないときなど活用できると思うので、ぜひ読んでみてください。

-転職お役立ちコラム

Copyright© Job search info , 2020 All Rights Reserved.