転職お役立ちコラム

『組織の多層化』って?問題点を実際の体験をふまえて解説してみた!

2019年2月27日

sora
組織が多層化すると問題があるの?

組織の命令系統はトップダウンで上から下に流れていきますよね。

しかし組織が不必要に多層化してしまうと、その情報が伝わりにくいだけでなく組織の退行をまねいているかもしれません。

今回は組織の多層化についてお話していきます!

ポイント

風通しの悪い組織だと、意見がなかなか通らないために若手には不満がたまっていき、まとめ役にはすべての負担がのしかかってしまいます。

組織の基本構造とは


まずは「組織の基本構造」についてご説明します。

ある一定の規模の会社の組織になると、主に現場で作業をしている人の一番下層のユニットの管理者としてリーダーがいます。

sora
「主任」「係長」「課長」「グループ長」「マネージャー」などさまざまな呼称で呼ばれていることがあるね

そしてそれらの各リーダー陣を監督する「管理職」がいますね。

さらにそれらの管理職を束ねる管理職がいる、というように一般的には何階層かのピラミッド構造になっているはずです(下図参照)。

例えば以下のように

部長
⇒次長
⇒課長
⇒係長
⇒リーダー

というような階層になっていると思います。

一般的な組織図例

多層化してしまっている組織図例

組織内の風通しが悪くなる


現場の決定事項は、一番下の層のリーダーが「現場の管理者」となって従業員に対して直接指示をしていきますよね。

現場だけでは判断ができないような案件が出てきた場合は、上位の管理職に上げていきます。

よくエスカレーションなんていわれていますね。

上位の管理職も判断できないようであれば、「さらに上位の管理職」に案件を持ちあげていくという流れになっています。

経営としての決定事項は、最上位の「頭でっかちでベテランの管理職」から「その下の管理職」の順に降りてきて、「最後は現場」に降りてきます。

この階層が多ければ多いほど、組織内の情報の流れは悪くなってしまうので「風通しが悪い組織」になってしまうんですよ。

「伝言ゲーム」などがいい例で、あいだに入っている「人が多ければ多いほど」情報は伝わりづらくなるんです。

この現象は「大企業病」と呼ばれています。

「大企業病」については次で詳しく説明します!

大企業病とは

「大企業病」とは
組織が大きくなるにつれて経営者と従業員の「意思疎通が不十分」となり、
組織内部に「官僚主義」「事なかれ主義」などが蔓延し、組織の「非活性」をもたらす現象のこと。

まさしく、この「不必要な多層化」が大企業病の原因のひとつなんです。

本来、組織はできるだけフラットに、風通しのよいほうが機能すると言われています。

情報や意見の伝達スピードが速いですからね。

ただ多層化自体が悪いと言っているわけではなく、「組織が大きくなれば階層が多くなってしまうのは仕方のない」ことではあるのです。

何万人もいる会社で「中間管理職」が全くいないような状態は、まとめ役がいないと組織として運営ができません。

あくまで、「不必要なまでの組織の多様化が問題」になってきます。

温情によって組織効率が落ちる?


例えば、部下が1~2名しかいないようなユニットをたくさんつくったとしたら、その分「まとめ役の係長」が増えることになりますよね?

そうなると自動的にその上の「中間管理職」の数も増えてきて、不必要に組織が多層化してしまいます。

「~補佐」「~代理」「担当課長」「部長代理」「担当部長」「副部長」というように、本来のラインにはいない「“ちょい脇"のポジション」をやたらと増やしていくと、最終的にどこの許可をとればいいのかわかりずらくなり責任の所在があいまいとなってしまいます。

それどころか指示系統もどこが正当なながれなのか、下からだと一見みてわからなくなりますよね。

代理や補佐を量産することはちょっと考えれば、非効率だということはすぐわかることです。

ですが、実際のところはこうした現象は残念ながら多くの会社で見られています。

それは、従業員が一定の年齢に達した場合、「ポスト的にもそれ相応の処遇にしたほうがいいのではないか」「やる気をなくしてしまうのではないか」という「経営側の思い」が裏にあるのです。

sora
温情的ともいえる?

こうした会社は温情的だともいえますよね。「従業員のことを考えている会社」だともいえます。

しかし、このような状態を続けていれば「風通しの悪さ」で「組織効率をどんどんと低下」させていってしまいますし、例えば入社したての若い社員などにとっては大変やりづらくなってしまうんですよ。

このような組織で仕事をしていると、多少給料がよかったとしても

「意見が全然とおらない」
「やりたいようにできない」

「ストレス」が溜まっていき、仕事に対してやりがいをうむことができなくなります。

これから会社の柱になる30代・40代・若手が次々と会社を辞めていくことにもつながります。

もちろん、「平均年齢が高い会社」でも中高齢者の待遇を割り切って「むやみにポストを与えずフラットな組織構造」にしているところもあるでしょう。

もちろん本人の希望もあるでしょうから、「役職に就くより一生現場にいたい」などの場合もあると思います。

そこで、「実際の従業員やOB」にそのあたりを聞いてみましょう。このあたりは雑談的に聞きたいですね。

sora
会社の組織ってどんな風ですか?
先輩の上司はどんな役職なのですか?
その事業部はどんな構造なんでしょうか

こんな感じで聞いてみれば、いろいろ教えてくれますよ!

それか直接、従業員にきく機会がないのであれば「社内事情」を抑えている転職エージェントを利用してみましょう。
マイナビDYM就職レバテックキャリアなどは社内事情まで相談できるのでおすすです!

実際に組織が多層化した組織にいると


※ここからは実際に私が体験したことを書いていきます。

私が前にいた会社は「典型的な不必要に組織を多層化」させていました。

会社の規模は中小で従業員は数100人といったところでしょうか。

「~補佐」「~代理」「~兼~兼~兼」などほかの会社のひとと話すときに「何て言えばわからない役職」ばかりでしたね。

もちろん「~補佐」「~まとめ役」とそのまま言っても通じません。

兼業の悪いところは身動きができなくなるところです。

リーダーだけど、ほかと兼業だから「その判断はできない」とか「私じゃない」とかその人は「仕事は倍やっているようで、実際はぶんちん化します。」

私自身も「現場のまとめ役」と呼ばれていましたが、「上にはリーダーがいて」さらに「上にまたリーダーがいて⇒部長」みたいな感じでしたね。

リーダーが現場にいなかったので「実施に現場をまとめたり、お客様への報告」はすべて私がやっていました。

しかし決定権はわたしより上にあるので判断を仰ぎにいきますが、いつもひとこと

「現場の事なんてわからないよ。」
「判断はまかせる。」

まさにポストだけあたえてなにもしていない状況です。

現場で技術的に中心的な人が辞めそうになったときも「さんざん必要なことを説明」しましたが「代わりにひとをおけばいいんでしょ?」の一点張り。

リーダーや部長に話がとおらないので、その上に説明しに行くときには「すでにその人が辞める直前でどうしようもない」なんてこともありました。

部長としてはおそらく「問題ないです。」と報告したんでしょうね。

もちろん「ちゃんとした役職」ではないので責任だけ増えて給料は1円も上がりません。手当などもありません。

給料もあがらない(良くない)、上司が判断できないために仕事や人がどんどん減っていく。

こんな絶望的な状況で「身動きがとれなくなってしまったので、退職を決意しました。」

ここまでヒドイことはそうそうないと思いますが、組織が多層化するにあたって風通しが悪くなるのは間違いありません。

それは上司の考えではなく会社の考えかたなので、不満を持った時点で「従業員にはやめる」しか選択肢がないんですよね。。。

まとめ

組織が不必要に多層化してしまうと風通しの悪い組織になってしまいます。

意見がなかなか通らないために若手には不満がたまっていき、まとめ役にはすべての負担がのしかかってしまいます。

「~補佐」「~代理」などの何をやっているのかわからないような役職が多い場合は要注意ですね。

会社について話を聞けるひとOBなどと話しができるのならば会社の組織ってどんな感じですか?とフランクに聞いてみましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

job-search-haru

IT系6年目・リーダーで手取り16万、ボーナス12万だった元社畜戦士。ライターの「作栄はる」と申します。そのときの経験を交えて、「仕事の悩み」などを分かりやすくご紹介していきます。よろしくお願いします!

-転職お役立ちコラム

Copyright© Job search info , 2020 All Rights Reserved.