転職お役立ちコラム

『就活解禁前』に内定を取得する方法とは!

2019年12月15日

sora
そろそろ準備しないといけないけど就活はいつから始まるの?
まずなにをしたらいいの?

就活が始まるとなってもまずなにから手をつければいいのかわかりませんよね。
今回は就活が始まる時期はいつからか。また就活解禁前にできることをまとめてみました。

メモ


就活は大学4年の3月から企業エントリーが始まります。
インターンに参加すると実質1年ほど早く就活を始めることができます。

就職活動が始まるとは

ニュースや新聞で「就活解禁」とよく報道されますが、就活がいつから解禁されるかご存じでしょうか?

就活を解禁しているのは経団連(日本経済団体連合会)という組織が決めてるんです。

その経団連には日本の代表的な企業が現在約1350社登録されています。

就活のスケジュールは毎年「12月に各企業の説明会が解禁され、4月に面接などの選考がはじまる」スケジュールになっていました。

しかしこのスケジュールだと卒業研究や卒業試験と就活の時期がかぶってしまいます。

sora
卒業にかかわる大事な試験なのに就活が気になって試験に集中できない。
内定はもらったが卒業できなかった

なんて最悪の結果になることもありました。

卒業できない。就職先が見つからない状態では、せっかく大学までいったのに何のために通ったのかわからなくなりますよね。

そんな状況を見かねて、2013年に安倍総理が「学生は学業に専念するべき」と宣言し就活の解禁時期を早めました。

新しいスケジュールでは「3月に各企業の説明会を開始、6月から面接などの選考が開始」になりました。

卒業にかかわる大事な試験にかぶらないようになっていますよね。

マイナビ2019によると下記の画像のように「3月から企業エントリー開始、6月から試験・選考開始」となっています。

この画像を見て違和感を感じませんでしたか?

そうです!

大学4年の3月から企業エントリー開始となっていますが3年の6月からインターン開始になっているんですよ。

3年の6月からインターンに参加する人は大学4年の3月から就活を始める人より早く就活を始めていることになりますよね。

sora
インターンに参加したことで内定が貰いやすかった。
書類選考はパスできた。

実際にインターンに参加した人の話を聞いてみると以下のような、就活に有利な感想が多く聞けました。

これはもう事実上、大学3年の6月から就職活動が始まっているといっても過言ではないのです。

「就活解禁前」に内定を取得する方法とは

内定確定

企業のインターンシップに参加するとたいてい人事の方にお世話になるので、人事の方に顔を覚えてもらいやすくなります。

さらに選考のときに確実にインターンの時の話ができるので思い出してもらいやすいです。

選考している人事も人間なので応募者の能力が同じような場合、前に関わったことのある人のほうが選ばれやすいですよね。

その点、顔を覚えてもらうというのは就活には確実にプラスです。

インターンの申し込みには実際の書類選考に送るようなエントリーシートを書きます。

そのためエントリーシートの書き方の勉強にもなりますし、書類選考後、実際に面接を行っている企業まであります。

インターンに参加するだけで最大の難点である面接までこなせてしまいます。

インターン参加者は経団連が決めた就活が解禁される大学4年生の3月にはすでに「書類選考が通るエントリーシート」と「実際に面接を受けたノウハウ」が身についているのです。

また、早々に内々定を出す企業もあるため4年生の3月までに何社か内々定を持っているという可能性もあります。

その場合は内々定を貰った企業に行くのもよし、受かった自信をもって大学4年の3月に選考が開始される大手企業を狙ってもよしですね。

いずれにしても就活解禁の時点から就活を初めてた人達より9カ月も早く経験を積めることになるんですよ。

これですごい差がつくことがわかりますよね。

インターンを受けた企業に就職したいのなら2週間や1カ月間ほどの長期インターンをおすすめします。

実践経験を多く積みたいのならば1dayインターンなどの短い期間のインターンがいいですね。

数をこなす分エントリーシートや面接の練習ができます。

インターンについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

各企業ごとの就活解禁スケジュール

以下にざっくりとですが、企業ごとの選考スケジュールを上げてみます。

    • 経団連に所属している大手企業

大学3年6月からインターン開始。
4年3月から企業エントリー開始。
6月から選考⇒内定決定。

    • 非連合企業(ベンチャーなど)

大学3年6月からインターン開始。
4年3月から企業エントリー開始と同時に選考⇒内定決定。

    • 外資系

3年6月からインターン開始。
3年10月には選考開始⇒11月には内定決定。

    • マスコミ関係

大学3年6月からインターン開始。
11月には企業エントリー開始と同時に選考開始⇒12月には内定決定。

各企業によって選考開始の時期に違いがありますよね。

外資系は早いうちでは年内に内定が決まることもあるほどです。

マスコミ関係も早めに人を囲いたい狙いがあるため選考が早くなっていますね。

経団連に属している大手企業狙いの方も大学3年の6月から就活を始めて、4年の6月にはその経験を生かして内定を獲得する準備をしておきましょう。

開催されているインターンシップを探すには、学校の就活センターかマイナビなどの就活支援サイトから探してみてください。

そのとき開催されている企業の一覧を確認することができますよ。

まとめ

経団連が決めた就活の解禁は大学4年生の3月から選考開始です。

しかしその前の大学3年の時期からインターンシップや選考を行っている企業もあります。

就活解禁前に実際の企業に対してエントリーシートを書いたり、実際に面接を体験することで解禁時には既に内々定を持っていることさえありますよ。

また人より多く経験を積んでいるため、大手企業の選考にも通りやすくなっているはずです。

就活は情報戦なので、人より早く情報を集めて実際の就活の解禁時には余裕をもって取り組めるようにしたいですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

job-search-haru

IT系6年目・リーダーで手取り16万、ボーナス12万だった元社畜戦士。ライターの「作栄はる」と申します。そのときの経験を交えて、「仕事の悩み」などを分かりやすくご紹介していきます。よろしくお願いします!

-転職お役立ちコラム

Copyright© Job search info , 2020 All Rights Reserved.