いろいろな職業・職種

「WEBデザイナー」になるには?仕事内容や平均給料について【徹底解説】

2018年3月23日

sora
どんな仕事をしているの?
お給料はどれぐらいなの?

今回は「WEBデザイナー」の職業についてお話いたします。

今見ているこのWEBサイトはもちろん、インターネットにはたくさんのWEBサイトが存在しています。

WEBのデザインは「WEBデザイナー」という職業の方がデザインや制作をしているんですよ!

「WEBデザイナー」とは、どんな仕事をしているのか?給料はどれぐらいなのか?などを詳しくご紹介いたします。

「WEBデザイナー」は、デザインすることが好き、コツコツとなにかを作ることが好き、WEBが好き!という方に向いている職業です。

Webデザイナーの平均給与について

仕事をしていくうえで大事なのは「給料」ですよね!

WEBデザイナーの給料について紹介いたします。

平均年収と平均給与について

WEBデザイナーの平均年収は約360万円

平均給与は約20万円~約30万円あたりになっています。

年代別で見てみるとこうなります。(20代、30代、40代)

20代約320万円
30代約380万円
40代約440万円

上記の金額は、あくまでも「平均」です。
WEB業界の他の職種と比べたら、少し低めだと感じる方もいらっしゃるかと思いますが、企業によっては、平均の給与より高めの給与をだしているところもあります。

スキルや経験がついてきて、WEBデザイナーとして自信がついてきたけど、なかなか給料があがらない・・・と悩んでいる方は、思い切って転職活動を始めてみることをオススメします。

Webデザイナーの仕事内容と1日のスケジュールについて

それでは、「WEBデザイナー」という職業は、どんな仕事をしているのかについてご説明します。

WEBデザイナーの1日のスケジュールも紹介するので、自分がWEBデザイナーになっていることをイメージしてみてくださいね。

WEBデザイナーの仕事内容とは?

WEBデザイナーの仕事内容は、主に「WEBサイトをデザインすること」です。

WEBサイト全体をどういう色合いにしているのか、どのようにすれば閲覧者にWEBサイトのコンセプトが伝わるのか、見やすくなるのかなどをデザインします。

ときには、WEBデザイナーがイラストを描くことも!

また、案件によっては、WEBサイトのデザインをクライアントや依頼者と直接打ち合わせをしたり、自分でデザインしたものを「コーディング(制作)」をします。

WEBデザイナーの仕事は、WEBディレクターやWEBプロディーサーにもできることでもありますが、WEBデザイナーは、デザインの経験や知識、スキルがあります!

そのため、他の職種の方がデザインするより、より効率的に、より美しく、WEBサイトをデザインすることを求められています。

案件のメンバーに、WEBデザイナーがいるかいないかで、WEBサイトの仕上がり方に差がつきます。

1日のスケジュールは?

とあるWEBデザイナーの方の1日をご紹介します。

step
1
9:00 出社

メールとスケジュールのチェックをします。
前日に退社してから、なにか案件の変わった動きがあるかどうかも、確認するようにします。

step
2
10:00  チームミーティング


WEBディレクターを中心に、案件の進捗具合や不安点、懸念事項などを共有します。

step
3
10:30~12:00 資料確認・デザイン制作


チームミーティングや打ち合わせで配布された資料を確認しながら、WEBサイトのデザインをします。

step
4
12:00~13:00 ランチ


同僚やチームメンバーとランチタイム。ランチタイムで、デザインのヒントが見つかることも!

step
5
13:00~14:00 クライアントとの打ち合わせ


自分がデザインしたものをクライアントにチェックしてもらいます。
クライアントから「新しいコンテンツがある」「もっとイラストを追加してほしい」などの要望がある場合には、クライアントと相談しながらデザインを決めていきます。

step
6
14:00~18:00 資料修正、確認・デザイン制作


クライアントの打ち合わせ内容を資料に反映させて、チームメンバーに共有したり再度、資料の確認をします。
一通り、資料の修正と確認が完了したら、デザイン制作に取り組みます。

step
7
18:00 退社


案件のスケジュール通りにWEBサイトのデザインができたら、定時退社!
制作がスムーズに進んでなく、納品日までに間に合わない場合は、残業をします。

WEBデザイナーになるためには?

なにかとデザインをすることが好き!WEBが好き!という方なら「WEBデザイナー」という職業に興味が湧いてきたのではないでしょうか。

では、WEBデザイナーになるためには、どのようなことをすればいいのでしょうか?

WEBサイトの知識、スキルを身につける

「WEBサイトのデザインすること」がWEBデザイナーの役目です。
そのため、WEBサイトの知識がないと、WEBサイトをデザインすることができません。

WEBサイトの制作で必要不可欠であるHTML、CSSについては、WEBデザイナーという職業を知って、興味が湧いてきた段階で、勉強しておくようにしましょう。

HTML、CSSを知らないまま、デザインをしてしまうと、WEBサイトにデザインが反映できない、WEBサイトに向いてないデザインだと怒られてしまうこともあります。

そもそも、WEBサイトのデザインすることが困難になってしまいます。

HTMLとCSSは、自分で、ブログを無料で作成してみると知識をつけることができるのでオススメ。

ブログは、WEBデザインの勉強にもなりますよ。

デザインに関するツールを使えるようになる

WEBデザイナーで必ず使用するツールと言ってもいい「Photoshop」「Illustrator」のAdobe製品は使えるようにしておきましょう。

この2つのソフトは、パソコンスクールで習うことができます。

自宅でも、ソフトを購入することで独学でも知識がつけられます。

ソフトの値段は約3万円とお高めですが、WEBデザイナーとして働くには、購入しても損はないと思います。

デザインに関することの知識をつける

WEBデザイナーで大事な「WEBデザイン」。WEBデザインに関する本やネット記事がたくさんでているので、知識を多めにつけるようにしておきましょう。

また、WEBデザイナーとして働くことになっても、常にデザインに関する情報にはアンテナを張っておくといいですね!

WEBデザイナーになるために転職サイトに登録しよう!

WEBデザイナーになろう!と決意したら、転職サイトに登録してみましょう。オススメの転職サイトを紹介します。

TechStars

TechStarsでは、厳しい審査に通過した厳選された求人のみを用意しています。そのため、従来の媒体より高いマッチング精度で、スピーディな転職ができます。
またご希望者には、アドバイザーが企業とアポイントメントや面接対策など完全サポートしてくれます。

TechStarsのアドバイザーの過半数が元エンジニア出身者なので、技術に関しても理解が有ることが魅力的です。

Workport(ワークポート)

ワークポートはIT・インターネット業界だけでも約2000社との取引実績があり、常時15,000件もの求人が強み!

非公開求人も豊富で、各業界の転職のプロによる専門性の高いサポート ・オリジナルツール「eコンシェル」が便利です。

ワークポートの転職支援サービスは完全無料で60秒で登録完了できます。

書類の添削、面接対策、年収交渉、円満退職まで完全サポートしてくれます。

Find Job!(ファインドジョブ)

「Find Job!」はIT転職・Web業界専門の転職サイトです。

大手企業から若手ベンチャー企業までの求人が掲載されていて、実務経験がない方を歓迎している企業の求人もあります。

また、WEBデザイナーのための面接対策も掲載されているので、なかなか面接に受からないという方や面接に自信がない人は、チェックしてみましょう。

WEBデザインの知識やスキルをつけてWEBデザイナーを目指そう!

WEBデザイナーは、自分がデザインしたものが、そのままクライアントや自社のWEBサイトとして公開されることが多いので、働き甲斐があります!

また、WEBデザイナーは、派遣や契約社員、在宅ワークとしても働くことができるので、社会人としてのブランクがあるという主婦(夫)さんの方にもオススメができる職業です。

WEBデザイナーが気になったら、WEBデザインの勉強を始めてみましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

job-search-yu

運営者の『青島 ゆう』と申します。 就職や転職に役立つ情報や知識、伝えたいことなど、自由に書いていきます。 どうぞよろしくお願いいたします。

-いろいろな職業・職種

Copyright© Job search info , 2020 All Rights Reserved.