転職エージェントまとめ

【リクナビ】リクナビを使って転職を成功させる方法とは?

転職サイトに登録しようとしたらまず、いわゆる大手の「マイナビ」や「リクナビ」に登録しますよね。

知ってはいるもののどんなサービスなの?と思いますよね。

そこで今回はリクルートが提供している転職サービス、リクナビNEXTの内容をわかりやすくまとめてみました!

リクナビ公式

リクナビは雇用形態ごとにサービス名が違う!


テレビや動画サイトでリクナビのCMを見たことがあるのではないでしょうか。

リクルートは1960年に創業しました。

知らない人はあまりいない大企業ですね。

大学を卒業して来年4月から新卒で働く予定の学生さんも、会社説明会などで一度はお世話になった方も多いのではないでしょうか?

今回は新卒で何年間か働いたけれど、「社風が合わない」「拘束時間に比べて給料が少ない」など職場に不満を抱くようになった時に利用する転職サービスについてご紹介します。

利用する前に気をつけて頂きたいのが、リクナビは職種によってサービス名が異なるという点です。

リクナビのサービス名

  • リクナビNEXT
  • リクナビエージェント
  • リクナビ派遣
  • リクナビ薬剤師

【リクナビNEXT】
このサービスは主に求人を記載、紹介しているカタログになります。
自分が希望する勤務地、職種、年収など待遇を選択し条件に一致した企業に自分で連絡するタイプです。

【リクナビエージェント】
ふたつめのエージェントサービスは、自分が取得しているスキル、経験などを入力して、いま働いている職場より待遇のよい会社の求人はあるか?
エージェントに紹介をお願いするタイプです。

【リクナビ派遣】
名前の通り、雇用形態が派遣の案件のみ取り扱っています。
正社員では荷が重い、午前9時から午後3時まで~、など「決まった時間だけ働きたい」「雇用先にあまり縛られたくない」場合に利用するサービスとなります。

【リクナビ薬剤師】
最後は職種を薬剤師のみに限定したサービスです。
薬剤師は体調が悪い患者さんが病院に行き、医師の診断と処方せんをもとに薬を処方する職業なので、人間関係や給料などの待遇に不満があり、転職したくても日中はあまり時間がとれません。

また、職業柄、患者自身の健康や生命に重大な影響をもたらしかねません。
仕事が終わった後、他の職場を探すのはなかなか困難な状況ゆえに、薬剤師のみサービスを独立させています。

リクナビ公式

スマートフォン向けアプリ、リクナビNEXTの紹介


大企業だけあって、スマートフォンで求人検索できるアプリを開発、公開しています。

帰宅中の電車の中で、他の職場を探したり、寝る前にスカウトが来ていないか?
簡単に調べることができちゃいます!

スマートフォンが普及する前は、ぶ厚い求人雑誌、片手にひたすら自分に合う求人がないか?探さねばなりませんでした。
それが自分のスキル、経歴を登録して希望条件を選択するだけで一致した案件がみれる便利な時代です。

試しにいまより良さげな職場ないかなぁ~?と調べるにはちょうど良いアプリだと思います。

リクナビNEXTのデメリット


思い立ったら吉日!といわんばかりにスマホさえあれば、いつでも手軽に他の職場探しができるリクナビNEXTですが、以下のデメリットがあります。

・全て自分で探し、用意しなければならない。

他の大手転職サイトにも共通していえることですが、あくまで「こんな求人があるよ~」と調べることが可能なだけです。

年収や勤務地など良さげな案件を見つけたら、自分で応募して職務経歴書を作成、送付しなければなりません。

また、「書類選考に通過後、面接の連絡がきたらスケジュールを調整して身なりを整える」必要もあります。

職務経歴書や面接に相応しい格好か?
リクナビNEXTは一切、添削しません!

『求人を掲載しているだけ』

「エージェントに相談したい……」

「格好や仕草など問題ないか?」

添削して欲しい方は、リクナビエージェントや、他の転職サイトも併用して利用していきましょう。

リクナビNEXTは求人の多さが魅了のひとつ!


大企業だからこそスマホ向けアプリでいつでも気軽に求人の検索ができますし、なにより「掲載している求人の量」が断然、ちがいます!

「とにもかくにも情報が欲しい!」
「選択肢や可能性を少しでも増やしたい!」

そんな風に考えている方にリクナビNEXTは、オススメな転職サイトです。

まとめ

リクルートは春になると新卒向けに合同説明会を全国でひんぱんに開催しているので、動画でCMをみたり、実際に会場まで足を運んだ学生さんも多いと思います。

そして、数年後……

「募集の内容と実際の給料や休日が違う!」

「横柄な上司の下で働くのはもう嫌だ!」

となって、転職を考えることは誰にでもあります。

実際の行動に移すかどうか?は、あなた次第ですが、選択肢は多いに越したことはありません。

もし現在の職場を変えたい不満があるならリクナビNEXTを使って、いまより快適な職場とめぐりあって欲しいと思います!

リクナビ公式

RECOMMEND

1

新卒で入社したけど『もう仕事を辞めたい』『我慢できない』という方に向けて。新卒入社でカフェのフロアスタッフとしてして働いたけれど、約1年で退職した私からアドバイスです。心がだめになるまで続ける必要なんてありません。

2

女性はライフステージによって休職や転職しなければいけないときがありますよね。
そこでこの記事では女性の転職に有利な資格をまとめてみました。
一生職に困らない、転職に有利な資格とはなにかご覧ください。

3

「今日は会社に行く気がしない・・。」「たまには会社をさぼりたい・・。」なんてことありませんか?本記事では、実際に私の周りで使われていた欠勤理由をご紹介します。今から使える欠勤理由です。本当に仕事に行きたくないときなど活用できると思うので、ぜひ読んでみてください。

-転職エージェントまとめ

Copyright© Job search info , 2020 All Rights Reserved.