転職エージェントまとめ

【DYM就職】の評判・口コミが知りたい!DYMってどうなの!?

朝早くから出勤して、終電間際まで残業してもなかなか仕事が終わらない
このまま、いまの仕事を続けてもいいのかな。
会社が倒産しても潰しがきくスキルをもちたいな。

そんな不安や悩みを抱えながら、働き続けていませんか?
DYM就職に登録、利用するとそれほど日数をかけずに転職が出来るのをご存じですか?

DYM就職は、第二新卒やフリーター、既卒者を重点的にサポートしていく方針の転職エージェントです。紹介する求人数の多さや手厚いサポートが転職希望者の間で好評を得ています。

第二新卒やフリーターを対象にした転職エージェントは他にも数多くありますが、既卒者にスポットを当てることは少ないため、より多くの人に転職・就職のチャンスを運んでくれる一面があります。

DYM就職ってどんなところ?


DYM就職サイトは『10~20代』の男女をターゲットにした就職、転職紹介サイトです。

DYM就職は、フリーターや未経験者は特にマッチング率が非常に高い。

まずは経験を積みたい!と考えているならば、

面接

即、採用!

と就職・転職活動をはじめてすぐ、内定が得られやすいサイトなのです!

DYM就職で転職活動をするメリット

DYM就職は求人数が多く、業種も豊富な転職エージェントです。冷遇されがちな既卒者に対しても手厚いサポートを行うため、第二新卒やフリーターだけではなく、既卒者と呼ばれる今まで就職経験のない人(大学卒業後3年以内に就職経験がない人)でも安心して登録することができます。

また、DYM就職が取り扱う求人では、書類選考の必要がありません。アドバイザーが紹介してくれる適した求人に応募したいと思えば、すぐに面接まで進むことができます。これは転職までの時間を短縮できる上に、面倒な書類の用意をしなくても良いというメリットがあります。

公式サイトに記載されている就職率は驚異の96%です。転職・就職活動をする人と求人のマッチングの高さが窺えます。既卒者を含めてのパーセンテージですので、DYM就職の優秀性がよく分かります。企業に求人を出そうと思わせる信頼関係が築けていることも、高評価のポイントのひとつです。

DYM就職を使ってデメリットを感じることは

メリットがあればデメリットもあるものです。DYM就職を使って転職・就職活動した人の中には、デメリットを感じる項目もあったようです。

DYM就職は第二新卒やフリーター、既卒者に重点を置いたエージェントであるため、学歴や経歴が充実している人は物足りなさを感じてしまう可能性があります。特に、キャリアアップを目指しての転職を考えている人はその傾向が見受けられます。

しかし、これは一概にデメリットと判断するのは難しいかもしれません。キャリアアップ転職を考えている人は、他の転職エージェントが向いています。DYM就職はあくまで第二新卒、フリーター、既卒者向けです。自分に合った転職エージェントを見つければ、デメリットは解消されるでしょう。

「経歴の空白期間」を埋めるDYM就職のサポート

フリーターや既卒者の場合、応募をしても書類選考で落とす企業も多い中、DYM就職では面接まで進みやすいサポート体制を確立しています。それは、DYM就職が経歴の空白期間があっても気にしない企業を紹介してくれるからです。

「やる気や能力があれば構わない」という企業があっても、普通の就職活動では中々見つけにくいものです。その見つけにくさを埋めてくれるのがDYM就職なのです。

DYM就職が扱う転職先は2,000件以上、その中には一流と呼ばれる大手企業も多く含まれています。一般的な求人では、フリーターや既卒者は歯牙にも掛けられません。ところが、DYM就職では「フリーターや既卒者でも大丈夫か」という確認をした上で紹介しますので、安心して応募できます。

DYM就職の手厚いサポートは二人三脚だからこそ

DYM就職のサポートはでは、登録後の求人紹介から就職まで1人のアドバイザーがずっと二人三脚でサポートを続けてくれるため、打ち解ければ相談がしやすくなるでしょう。希望や不安をどんどん伝えることに適した環境が用意されています。

書類選考がない分、面接には重点を置いています。複数の企業に同時に応募した場合、面接日程の調整が大変ですが、DYM就職では全てアドバイザーが行ってくれます。また、面接に自信がない人のために、親身な指導が行われています。企業側をよく知るからこそ分かる質問内容や傾向をチェックできるわけです。

サポートは内定までではありません。内定を獲得した後も続けられます。在職中の人は、手間のかかる退職手続き、その後に控える入社手続きについても相談をすることができます。特に入社経験がない人には嬉しいサポートです。それに加え、DYM就職は入社後もフォローする方針を採っています。最初から最後まで、安心していられそうです。

女性アドバイザーが多く在籍

女性の転職には様々な条件や悩みがつきものです。中には男性アドバイザーには話しにくいこともあるでしょう。その点、DYM就職には多数の女性アドバイザーが在籍するため、女性ならではの悩みを相談しやすい環境が整えられています。

また、DYM就職では女性の転職にも力を入れています。理想のキャリアプランがあれば積極的に相談し、求人を紹介してもらいましょう。紹介されたら必ずしも応募しなくては良いというわけではありません。納得のいく求人を何度でも紹介してもらうことができます。

中々言い出すことができない年収アップに関する条件や育児に関する問題も、アドバイザーに交渉してもらいましょう。交渉力の高さには定評があるDYM就職なら、良い結果を期待できそうです。

転職・就職を目指す人は多々いますし、対応する転職エージェントも多い時代です。しかし、第二新卒、フリーター、既卒者なら、DYM就職に登録しておくべきだと言えるでしょう。

DYM就職はいろいろ指導してくれるのが大きな特徴!!


DYM就職サイトは、就職や転職活動の経験が浅い20代の若者をターゲットに絞った転職紹介なので、紹介する担当者もまるで友人のようにフレンドリーに優しく接してくれます。

また、DYM就職サイトは『面接を指導してくれる』のも見逃せない重要なポイントです!

いざ面接!するにあたって(このスーツや髪型で大丈夫かなぁ~?イマイチ自信がもてない……)

そんな迷える子羊なあなたを所属コーディネーターが、いろいろ親切に教えてくれます。

DYM就職での就職率、なんと96%!

おどろく
DYM就職は非公開求人を多く抱えており、また創業者の持つ独自のコネ(人脈)によって、『書類選考なし』で面接を受けることが出来ます。

そのため、以下のような方が特に最適です!

DYM就職はこんな人に最適

  • 大学在籍中に就職活動を逃してしまった。
  • 数年ほどフリーターだったけれど、正社員になって働きたい。

ガッツリ働きたいが、大手の就職サイトでは書類選考で落とされてばかりで苦労が続いている……
もしあなたがそんな状況に陥っているならば、DYM就職に切り替えてみることをオススメします!

DYM就職は強引に押してくるのがダメなところ


いいこと尽くめのDYM就職ですが、残念ながら以下の方には向いていません……

DYM就職に向いてない人

  • 節度ある振る舞いを希望している(担当者は敬語を使って欲しい)
  • 体育会のノリはNG!

DYM就職の担当者は友人のように親身になってお世話してくれます。

しかし、そこは20代同士のやり取りに相応しい感じです。

良い案件がきたら休日や深夜だろうと、あまり時間を気にせず、LINEなどで教えてくるのがDYM就職サイトの欠点なのです……

・流石に時間を考えて欲しい!

そんな口コミがインターネット上に投稿されています。

また、体育会のノリで『即断、即行動!』で転職希望者に押しつけてくるのもDYM就職さんの悪いところです……

「いい案件きたよ!面接の練習も何度も重ねたから、もうバッチリだよね!よし、明日すぐに面接いこう!!」

夜、寝ようとした時間にいきなりメッセージをもらっても(え~!?急すぎ!!ちょっと待ってよ~!!)とあわててしまいますよね?

すべてがこのような調子で進めてしまうので……

人によっては『DYM就職の対応=強引で押しつけがましい!』と強い不快感を抱く可能性がありますので注意です。

DYM就職は初めての転職活動に不安がある方におすすめ!


前述にあげた通り、DYM就職は以下の方に適しています。

DYM就職が向いているかた

  • 10~20代の若い男女
  • 正社員で手に職をつけたい!
  • 友達のようにフレンドリーな態度で接して欲しい
  • 面接や服装など指導して欲しい
  • 引っ込みがちな性格なので、積極的にぐいぐいリードして欲しい

しかし、以下の性格の方には向いていません。

・企業として礼節をわきまえて欲しい

・転職希望者の意向をくんで欲しい

不愉快な思いをする可能性が非常に高いので、他の大手転職サイトを利用したほうがよいでしょう。

けれど……ほとんどの大手転職サイトで『書類選考』が必須となっています。

何枚、何十枚と履歴書や職務経歴書を書いて企業に送ったところで、まったく面接にたどりつけない……!

そんな事態に陥るリスクがあります。

転職の際にかかる精神的な負担や労力をかけずに成功させたい!と考えているなら、DYM就職を利用してみるとよいでしょう。

まとめ

深夜遅くまで、残業してるのに仕事がぜんぜん終わらない!

給料は右肩下がりする一方で、物価はどんどんあがっていくばかりで、財布の中はいつもピンチ!!

ある日、突然、会社が倒産したり、リストラされるかもしれない!?

将来や今の職場に不満があって転職を考えてはいるけれど……でも、どこのサイトに登録すればよいのだろう?

『転職』で単語検索したらサイトがたくさん出てきて、何が何やらサッパリ分からない……!

それに初めて転職活動するから、服装や面接など何を対策したらよいのか?
まるで見当がつかない……

転職活動には、なにかと不安がつきまとってしまいます。

なるべく精神的な負担をかけずに年収アップしたいと考えているならば、DYM就職を利用してみるのはいかがでしょうか?

RECOMMEND

1

新卒で入社したけど『もう仕事を辞めたい』『我慢できない』という方に向けて。新卒入社でカフェのフロアスタッフとしてして働いたけれど、約1年で退職した私からアドバイスです。心がだめになるまで続ける必要なんてありません。

2

女性はライフステージによって休職や転職しなければいけないときがありますよね。
そこでこの記事では女性の転職に有利な資格をまとめてみました。
一生職に困らない、転職に有利な資格とはなにかご覧ください。

3

「今日は会社に行く気がしない・・。」「たまには会社をさぼりたい・・。」なんてことありませんか?本記事では、実際に私の周りで使われていた欠勤理由をご紹介します。今から使える欠勤理由です。本当に仕事に行きたくないときなど活用できると思うので、ぜひ読んでみてください。

-転職エージェントまとめ

Copyright© Job search info , 2021 All Rights Reserved.