転職エージェントまとめ

【doda】dodaの口コミ・評判は⁉ dodaを利用して転職活動してみませんか?

2019年3月26日

朝早くから夜遅くまで、働けど働けど給与は右肩下がりし続けるばかり……
ニュースをチェックすれば企業の不祥事や事件を聞かない日がない。

もしかしたら、うちの会社も隠れて悪さをしているのでは!?

またはある日突然、業績が悪化して「来月から来なくていいよ」なんて、いきなり言われてしまう!?

現在、正社員で働いていても将来が不安な方は、とても多いと思います。

可能ならば、より安定して働ける職場に転職したいですよね!

そこで大手転職サイトdodaの評判や実際に利用した方の口コミなどを集めてみました。

dodaは最短2日で面接のセッティングが可能!


転職サイトdodaは、求人依頼を出している企業が、転職希望者に対して直接アプローチすることができる『doda Recruiters』が特徴のひとつです。

希望者が在職中の場合、あまりおおっぴらに転職活動が行えません。
しかし、「doda Recruiters」ならば匿名で利用することが出来るので時間に追われてがちな方も、自分のペースに合わせて転職活動することが可能です。

また、自身の経歴やスキルを登録しておけば、それを見つけた企業がスカウトメールを送ってきます。
なので、双方の合意次第ですが「最短2日」で面接が実現するのはうれしいポイントです!

転職したくても『時間がない』『在籍中の会社に秘密で転職したい』!
そんな方にうってつけの転職サイトです。

dodaは地方や海外の案件もたくさんあります!


人口の過疎化が激しい「地方へのIターン」や、国際化に伴う時勢の変化に合わせて「外国企業」に転職をしたくても、知名度の低い転職サイトだと案件そのものを扱っていない!
なんてことがザラです。

その点、最大手のdodaは違います。
なんと公式サイト内で「英文の履歴書」や「職務経歴書(レジュメ)の書き方」や「テンプレートを公開」しているのです!

海外への移住や、日本国内に拠点を置いた外資に転職を考えている方は、記事だけでも目を通しておくことをオススメします!

dodaはエージェントサービスが不評気味


転職希望者がdodaを利用する時に注意するべきは、エージェントが紹介するサービスです。

dodaを使う注意点

  • 電話が頻繁にかかってきてうざい!
  • 企業と転職希望者の要望が全然、マッチしていない!

また『良さそうな案件を見つけてエージェントに伝えても、他の希望者の対応に追われてしまい 、やっと連絡が取れた時には応募が終了してしまった!』

大手ならではの「ガッカリ体験談」もしっかり投稿されています。

エージェントの中には、あからさまに『紹介手数料目当て』のぞんざいな対応をしてくることもあるようなので、注意が必要です。

わたしも昔、dodaを使って転職した経験がありますが、その時は自分で求人を探して直接、問い合わせました。

電話連絡

書類の郵送

面接

数日中に電話

これで内定を頂き、無事に転職が出来ました。

ただしエージェントの対応には注意してください。

「なんか違うな」

「反応が悪い」

なんてことがあればすぐに担当を変えてもらいましょう。

dodaはじっくりスカウトを待つ戦法も有効な転職サイト!


残念なことですが紹介料欲しさにずさんな企業を紹介してくるエージェントは確かに存在します。

では、dodaを使ってスムーズに転職するには、どうしたらよいでしょうか?

「職務経歴」など必要事項を登録したあと、企業からのスカウトをひたすら待つのか。

自分が希望する求人が出されていないか。

この二つになりますが、企業からのスカウトをただ待つのではなく自分から案件を探してエージェントに提示しましょう。

その方が自分の中で納得感がありますよね。

もちろんスカウトメールで紹介してもらった企業に気に入ったものが、あればその企業について聞きましょう。

大事なのは自分で探し出した企業でも、紹介してもらった企業でもきちんと会社の情報を入手することです。

大手ならではの『案件が多い』メリットを最大限、有効活用して転職を成功させましょう!

まとめ

国際化の需要拡大や市場の変化に対応するため、dodaはつい最近、ブランドの作り直し(リブランディング)を行っています。

以前は企業ロゴが大文字の『DODA』で、サイトの印象もやや武骨な感じがありました。
しかし、リブランディング後は丸みを帯びた『doda』の小文字に変更して、イラストを多く取り入れたことで、見やすい柔軟性に富んだサイトにイメージチェンジを成功させています。

ただ……体験談などを聞く限りではdodaの基本方針は『あくまで求人を紹介するだけ』の従来通りのようです。
エージェントの対応が少し弱いようです。

そのため

「自分の持っているスキルはなにか?」

「自分の市場価値はどれくらいなのか?」

自己分析して転職希望に近い求人内容を自力で見つけて、応募したほうが手っ取り早い転職サイトです。

dodaは転職業界大手だからこそ「豊富な案件を抱えています」

それをうまく有効活用して、いま以上に活躍出来る職場と巡りあってください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

job-search-haru

IT系6年目・リーダーで手取り18万、ボーナス12万だった元社畜戦士。ライターの「作栄はる」と申します。そのときの経験を交えて、「仕事の悩み」などを分かりやすくご紹介していきます。よろしくお願いします!

-転職エージェントまとめ

Copyright© Job search info , 2020 All Rights Reserved.