職業

『社内SE』のメリット・デメリット!社内SEは忙しくない?

更新日:

「終電帰り」「休日出社」なので、もっと楽な仕事に転職したい。

生活のために就職したが楽して稼ぎたいというのは、誰しも一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

今回は忙しくないイメージがあり根強い人気の社内SEは、本当に楽なのかメリット・デメリットをそれぞれ調べてみました。

社内SEのメリット

「エンジニアとしてバリバリ開発したい現場で活躍したい」という人はベンチャーや大手でも開発色が強い企業を希望すると思います。

エンジニアでも安定していることが第一、忙しくない仕事が希望の方は社内SEを目指すのではないでしょうか。

では本当に社内SEは楽なのかメリットは以下のようになっています。

  • 勤務先が変わらない
  • 納期がない、あいまい
  • 社内にいるため評価されやすい
  • マネジメント能力が身に付く

勤務先が変わらない

エンジニアが仕事をする場所は主に社内で仕事するか、客先常駐でつねに外にいるかの2択になります。

客先常駐だと常駐先によって現場が変わりますし3か月契約などの短い契約だと常に現場が変わるなんてこともよくあります。

現場が異動するたびに環境が変わるので、現場ごとの設備やルールを新たに覚えなくては行けません。

その点社内SEだと勤務地が変わることがないため自分だけのパソコンで慣れた環境で働くことができます。

あまり環境が変わることが好ましくない方にとっては好都合ですね。

契約が終わるたびに次の仕事の心配をしなくてもよくなりますし、現場が変わるたびに人間関係などを含め環境はギャンブル性が高いためそういった心配がなくなります。

納期がない、あいまい

社内システムの開発や新しくインフラを整備する場合など開発案件もありますが、社内で使用するためか納期は一応ありますが過ぎても問題はないようです。

お客様先に納期の延長をお願いしに行くときは原因や改善方法、今までの進捗など細かに報告した後何日伸ばせるか交渉しなければいけません。

しかし社内ならば納期に間に合いそうもないのでここまで伸ばしてくださいと相談するだけで納期を伸ばすことができます。

当然納期に厳しいところもありますが、お客様に説明するよりは断然やりやすいでしょう。

エンジニアにとって納期が一番のストレスになりますのでこの納期があいまいなことで心配事が減りワークライフバランスを取りやすくなります。

社内にいるため評価されやすい

直属の上司のもとで働いていることや社内にいることで自分のやっている仕事が目につきやすくなり評価されやすくなります。

客先常駐だといくら報告されたところで実際の作業や結果がどうしても見えづらくなってしまうところがあります。

しかし社内SEの場合社内の何でも屋になることが多いですから他人から任された仕事や上司から任された仕事を消化していくことで仕事ができるし役に立つと評価がよくなる傾向にあります。

社内にIT関係が強い人がいない場合なくてはならない存在になれるため特別目立つことも可能です。

そのため給料も上がるし、定時に帰れると評判なのです。

マネジメント能力が身に付く

自分で開発をしていることもありますが、開発案件では外注が多くなってきます。

またはパートナーさんと一緒に案件を進めていくことになります。

そのためプログラマーというよりは管理の仕事になりやすくチームのマネジメント能力をつけることができます。

外注にしろパートナーさんにしろ最低でも進捗管理や労働時間の管理、勤務表の管理はしなければいけません。

所属会社さんとの話し合いもありますし、場合によっては有給届なども管理しなければいけないかも

しれません。ガリガリ開発するよりマネージメントに興味があるという方にも向いています。

社内SEのデメリット

勤務先が変わらず、社内の評価もされやすいため腰を落ち着けて安定して働くことができますが、社内SEにはデメリットも存在します。

  • 技術面のスキルアップが難しい
  • 社内トラブルの処理を任される
  • 職場の環境に左右される
  • メインの業務が保守・運用になりがち

技術面のスキルアップが難しい

社内SEの業務は開発というより管理が仕事になりますので、現場で開発をしている人とは求められているスキルが違います。

業務も外注になりますので直接的に技術力を行使する機会が少なくなります。

その点技術という面ではスキルダウンになってしまうのです。

関わっているのにまったく中身を知らないよりは少しでもロジックを知っていると信頼度が段違いになります。

外注するにしてもシステムの理解をしておくようにしましょう。

社内トラブルの処理を任される

社内のITリテラシーが低いと社内の何でも屋になってしまいIT関連のことはすべて質問されてしまうようです。

USBの仕様についてやWindows Updateなどそれこそヘルプデスクみたいになってしまうのですね。

自分が担当していない業務や外注のシステムのことなど問い合わせは多岐に渡ります。

問題を解決するのが好きな人はいいですが、自分の業務に集中できなくなるため不満を持つ方もいるそうです。

職場の環境に左右される

よくも悪くも環境が変わらないのが社内SEです。

そのため入社した環境が良ければいいのですがもし環境が悪かった場合最悪続けることが困難になります。

上司のパワハラがひどいや残業したのに残業代が出ないなど言わゆるブラック会社の場合毎日出社するわけですからそんな環境で働きたくないですよね。

転職して社内SEになりたい場合は転職先の会社の風土や一緒に働く人たちがどういった人たちなのかに注目する必要があります。

今は転職エージェントで社内調査を行っているところが増えているので聞いてみるの方がいいと思います。

メインの業務が保守・運用になりがち

社内システムの開発などにかかわる場合もありますが社内SEは管理業務になりがちです。

そのため業務としては社内システムの保守や外注に出していた案件の管理になります。

エンジニアリングしているというよりはマネージメントになります。

緊急性の高いエラーなどが発生した場合つきっきりになって遅くまで帰れないということもありますが、基本的には手が空いています。

仕事があるが急がなくてもいい、小一時間で終わるものが多いといったところでしょうか。

そもそもそんな業務が行えないような緊急的な問い合わせが頻繁に発生するわけないですものね。

問い合わせがなければその分暇になってしまうのですが、せかせかと仕事をしたくないひとには非常に向いています。

保守の仕事はお客様との間に立つことです。

そのため社内SEにはある程度のコミュニケーション能力も必要と言えます。

社内SE専門の転職エージェント

社内SE専門のエージェントです。
社内SE専門なので求人数がNo1です。

求人紹介だけではなく現在の仕事の悩みやキャリアの相談をしてくれる「カジュアル面談」。

自分の理想の働き方や企業を相談できる「キャリア面談」。

忙しくて転職活動に時間が取れない人向けの「Skype面談」などサポートも充実しています。

社内SEのリアルな現状や実態も聞くことができ社内SEになるべきか相談することも可能です。

登録は完全無料なので、社内SEになることに興味がある方は登録必須ですね。

まずは登録して相談だけしてみるのも手です。

社内SEナビ 公式

まとめ

社内SEは業務があるが急ぎでない、定時で帰れる職場の移動がないことからワークライフバランスを非常に取りやすいことがわかります。

しかしスキルアップには向かないのでエンジニアリングしたい方には向いていません。

逆に管理やお客様との調整などマネジメントに興味があるかたに向いています。

「時間に急かされて働きたくない」「ゆったり働きたい」「残業100時間超が当たり前で、休日出社当たり前」など、死にもの狂いで働いているひともワークライフバランスを整えるために社内SEになることをおすすめします。

-職業

Copyright© Job search info , 2019 All Rights Reserved.