コラム

『ホワイト企業』は仕事が楽なイメージだけどホントなの?

更新日:

ホワイト企業というと残業もなく仕事もラクなイメージがありますが本当にそうなのでしょうか。

じつはホワイト企業は企業と従業員の並々ならぬ努力で形成されているのです。

労働条件に優れている会社は収益力が高い

ホワイト企業と呼ばれる企業は給与に始まり福利厚生などが充実している企業だと言えます。

それらは大雑把に言ってしまうと全て人件費といえます。

企業にとって一番の出費となる人件費を十分なだけ出せるということはその分確かな収益力が備えられているということが明確になるのです。

収益力が弱いとその分人件費に回せなくなるため残業代を出さないなど悲劇がうまれることにつながります。

世間でホワイト企業と認知されているような企業は、多かれ少なかれ確かな収益力があることが認められている企業なのです。

ただ収益をあげたいなと思って何もしなければ収益は上がるわけありません。

すぐれた収益力というのは企業として非常に精力的に企業活動を展開していった結果もたらされているわけですね。

ではその高い収益力を生み出しすために企業が努力してきたことはどんなことなのでしょうか。以下のようなことが要因になってきます。

  • 売上高を上げる
  • 売上総利益率を上げる
  • 徹底したコストダウン

単純に収益力を高めるにはどうすればいいかというと、損益計算書を見ればわかります。

1つ目はまず何と言っても売上高をあげることです。

業界によって商売は違いがありますが、扱っているものが売れれば売れるほど売り手側が儲かるのは自明ですよね。

売上高をあげるためには、これも当たり前のようになりますが日々営業活動を怠らずに続けていく。

新規のお客様と契約を結ぶのもそうですが、既存のお客様に対しても営業することを忘れてはいけません。

またあるいは効果的なマーケティングを考えたり、いままでにはくない工夫を凝らすなどといった努力が結果をもたらします。

簡単に書いていますが、今までにないアプローチを模索するには相当の労力と知恵が必要なのは理解できるのではないでしょうか。

その努力を続けていくことが売上高アップにつながります。2つ目としては売上総利益率を上げることです。

売上総利益ですので、売上高から原価を引くことで求められます。

その売上総利益率をアップさせるには他社にはない魅力的な製品を生み出すことが必要だと思います。

製品そのものに欲しいと思えるような魅力があれば、値段を高くしても売ることができるので、その分原価に対して利益がでることになります。

そのためには、製品の質が問われてくることになります。企業努力で他社よりも安く作り上げることができたのならその分他者より売れるかもしれません。

また物には打倒と思われる市場価値がありますので、市場価値が高いもの機能がいい、ビジュアルがいい、使い勝手がいいようなものは値段が高く設定してあっても売れることあります。

逆に市場価値より低く設定してしまうといくら性能が良いものでも売れなくなってしまうことすらあります。見極めが難しいですね。

3つ目としては、販管費や原価などコストなどを徹底して削減することです。

当然ですが、なるべく資源を無駄にしないで製品を作ったり運用していかなくてはなりません。

売上総利益率の話ではないですが無駄遣いをすると原価が上がってしまい売上が落ちてしまいます。

トヨタ自動車の経費削減対策は、よく「乾いた雑巾をさらに絞る」とたとえられるほどの徹底ぶりだとも言われています。

そこまでにするには従業員並びに経営者が相当の我慢と努力をしてきたのではないでしょうか。

また人件費が一番のコストになりますので、そのためには効率的な働き方が求められてきます。

工場などでは一度使った水をきれいにして再利用したりもします。まさに何でも無駄にできない精神ですね。

収益力を高めようとするには、個人や取締役だけが考えるようなものではなく上記のような取り組みを企業全体の取り組みとして邁進していかなくてはいきません。

同じ会社に所属していても一人ひとり役割は違いますので一概には取組を決められないと思いますが、従業員それぞれが任された役割にしたがって業務を果たしていく、その中で削減できるところは削減してく姿勢が高い収益力を持った企業に成長してくのではないかと思います。

それじゃあ我慢してばかりではないかと思うでしょうが、その結果が確かな労働上条件につながっていきます。

結果的に従業員に還元されていくのですね。従業員に還元することでよりよい労働条件になり、従業員のやる気も上がっていくことでしょう。

そうすることでさらに企業努力をしていくことでさらに売り上げが上がるといったよいサイクルになります。

そのよいサイクルを作り出すことができたのがホワイト企業と呼ばれるのです。ホワイト企業は決して初めからあったものではなく努力の結晶ともいえるのではないでしょうか。

ホワイト企業は努力のたまもの

ブラック企業は仕事の量が多すぎて毎日帰りは終電で、残業時間100時間超えるのに残業代が出ないなどの印象があるため逆にホワイト企業は仕事があまり忙しくなくその分プライベートの時間も取れるし、収入も十分といったイメージがあります。

従業員のことを考えているため個々人のプライベートな時間がとりやすいのは間違いないですが、ホワイト企業だからと言って仕事がラクとはいえません。

むしろ与えられた役割を全うしその中で最大限ムダを無くすなどの努力や苦労をしていることが好成績につながっているのだと思います。

あくまで無理な働き方をせず働きやすい環境が整っていることがホワイト企業と言えるでしょう。

仕事内容についてはまた別の話になります。そのホワイト企業として水準より好成績を維持し続けていくまたはさらに発展させていくには組織全体の取り組みとして自社の営業力の向上、製品の付加価値の付属、徹底したコストダウンといった努力を惜しまずに取り組み続けることが必要です。

それには働いている従業員一人一人の意識も変えていかなくてはなりません。

例えば、営業の仕事であれば、当たり前のようですがたとえ雨の日も、雪の日もお客様へ営業活動を仕掛けに行き、 ときにはお客様に頭を下げつつ、自社製品を使って頂くように説明をしていく。というような、常に会社の最前線で仕事を引っ張っていくことが求められているでしょう。

もちろん新規の営業だけではなく製品を取り入れてくれている既存のお客様へのアフターフォローも大事な仕事になります。

それは一日ではならない努力の結晶ですよね。また開発者であるならば、常に他社にはない製品・付加価値を求めて時には何日も家に帰らずに取り組むこともあるでしょう。

そのような中でベストなアイデアをひねりだしていかなくてはなりません。

改修やメンテナンスも視野に入れなければいけません。徹底的なコストダウンの取り組みを行おうとすれば、従業員一人一人までにブレークダウンしていかなくてはならないかもしれません。

人数も多いし一人ひとり担当の業務も違うのでそれはなかなか難しいことになります。

しかし資源を無駄にしない効率的な働き方とは、一人当たりのコストパフォーマンスを上げることになりますので、そのことを追求するとなると従業員ひとりひとりの働き方につねに目を光らせていなければなりません。

このように、企業として高い収益を求めるには、従業員ひとりひとりが日常の中で大変な思いをしたり、苦労を感じたりすること出てくるものだと思います。

これではブラック企業となんら変わりがないではないかと思うでしょうが、このような苦労が苦労で終わってしまうかというとそうではありません。

その苦労している中に、やりがいや生きがいというものを感じていくとこもあると思います。

そしてホワイト企業とブラック企業の決定的な違いは、その苦労に報いる仕組みを用意しているかどうかです。

ホワイト企業の雇用関係というのは、従業員が労働を提供するかわりに、その努力や苦労に対して労働条件を保証する、という権利義務関係を成り立たせているのです。

自身や家族の生活を保障してくれるのですね。したがって、その労働条件を受け取るには、それ相当の義務を果たす必要があります。

例えばフレックス制が設けられていたとしたら、ラッシュアワーを避けて通勤できたおかげで気持ち良く仕事ができるなとか残業代は満額出るし働きかたにも納得している場合は収入の面でも仕事の面でも充実してき頑張ろうというよな気持ちになりますよね。

辛い辛いとは言ってきましたがそのようなモチベーションが大切だと思います。

その逆に苦労をしたところでそれに対して何も報いがなければ、いやになってしまいますよね。

ブラック企業だとしてもホワイト企業だとしても仕事をしていると何かしら大変なことが待っています。

しかし、その苦労したことに対して報酬なりで見返りがあるかどうかが、先にも書いたようにプラック企業とホワイト企業の一番の違いになります。

まとめ

ホワイト企業だからと言って仕事がラクとはかぎりません。

むしろ徹底したコスト管理などを従業員個々人のレベルで行っているために収益が上がっているということもあるでしょう。

ひとりひとりの努力によってホワイト企業は成り立っているのです。

またホワイト企業はその一人ひとりの努力に対して相当の見返り(労働条件)を用意しています。

それによって従業員のやる気が持続されまた収益があがるようないい循環ができています。

そこがブラック企業との決定的な差になってくるのです。

-コラム

Copyright© Job search info , 2019 All Rights Reserved.