職業

「プログラマー」って稼げるの?給料や高収入が狙えるスキルとは【徹底解説】

投稿日:2018年3月28日 更新日:

「プログラマー」という仕事はどういうイメージがありますか?
パソコンのキーボードをひたすら黙々とタイピングしている、なんだか分からないけどかっこいい・・・というのがあるかと思います。

今回は、イメージが思いつくけど、あんまり詳しいことに知られていない「プログラマー」の仕事について、ご紹介いたします。

プログラマーは、たくさんのスキルを身につけていくほど、収入が上がる可能性がある職業なんです!

プログラマーとはどんな仕事なのか?

では、「プログラマー」とはどういう仕事なのか、具体的にご説明いたします。
とあるプログラマーの1日のスケジュールも紹介いたしますので、「プログラマー」の仕事に就きたい人は、参考にしてみてくださいね。

プログラマーの仕事内容について

プログラマーは、システムエンジニアやWebディレクターが作成した要件定義書、設計書などの資料を基に、システムに落とし込んでいく業務がメインになります。
このシステムを作り上げていく工程を「プログラミング」といいます。

プログラミングには、ひとつでもタイピングをミスしてしまうとエラーが発生してしまう可能性もあります。
そのため、IT業界の他の職種より集中力が必要とされることが多く、黙々と作業が好きな人に向いている職種でもあります。

1日のスケジュールをご紹介!

とあるプログラマーの方の1日をご紹介します。基本的には、外でのクライアントの打ち合わせはせずに、オフィスワークでの仕事が多いです。

  • 10:00 出社
  • メールチェックと1日のタスクを確認します。自分で作りあげたシステムにエラーが見つかったという報告があれば、すぐに対応します。

  • 10:30 チームミーティング
  • 同じプロジェクトのチームでのミーティング。リーダーから案件の情報や進捗確認があります。

  • 11:00 プログラミング
  • プロジェクトのスケジュールに遅れないように、プログラミングをすることが大事!途中で、バグを見つかったら、上司に報告してすぐに修正をします。

  • 12:00 ランチ
  • チームメンバーやプログラマー同士で雑談や愚痴を共有します(笑)
    プログラマーはひたすら黙々と作業していることが多いので、ランチでは、外に出てリフレッシュするのがオススメ!

  • 13:00 プログラミング再開
  • 午前に引き続き、プログラミング。途中で、メールをチェックし、クライアントや社内のメンバーからがシステムでなにかトラブルが発生していないかも確認をします。
    途中、システムエンジニアやWebディレクターが外出で不在しているときは、クライアントからの対応をすることも!

  • 15:00 システムチームでのミーティング
  • システムエンジニアとプログラマー同士での打ち合わせ。なにか困っていることや疑問点、懸念点があれば、報告するようにします。

  • 16:00 プログラミング再開
  • 引き続き、プログラミング!途中で、コーヒータイムなどの小休憩をはさむことも忘れないようにします。

  • 19:00 退社
  • プログラマーは、深夜遅くまで作業をしていることもありますが、プロジェクトで特にトラブルがない場合には、定時で帰るようにしましょう!

プログラマーの給料について

プログラマーの平均年収や世代別の年収について紹介します。

平均年収、平均給与

厚生労働省や国税庁の資料を基に調べてみたところ、平均年収は約420万円です。
平均の給与は月にして約30万前後になっています。

年代別(20,30,40代)

年代別の平均年収は、以下のようになっていました。

  • 20代 約230~300万円
  • 30代 約230~370万円
  • 40代 約300~470万円

プログラマーの給料は、会社の規模によっても異なってきますし、同じ会社でもスキルや経験によって差がついていることもあります!

プログラマーになるためにはどうすればいいのか?

プログラマーになるためには、どのようなスキルがあればいいのか伝授します。
実は、プログラマーは未経験の方にもなりやすい職種なんですよ!

WEBの知識を付ける

「プログラマーになりたい」と思ったら、WEBについての知識をいれましょう!
WEBサイトの制作方法は、最低限覚えておかないとプログラマーとして活躍することはできません。

HTML、CSSなど簡単なプログラミングは、自分でブログを作成することで覚えることができるのでオススメです!

プログラミング言語を覚える

HTML、CSS以外にも、プログラマーには覚えるべきプログラミング言語はたくさんあります。
プログラミング言語の覚えることによって、収入も上がる可能性もありますし、昇格する可能性もありますよ!
どのプログラミング言語を覚えたら、高収入になれるのかは、のちほどご説明いたします。

プログラマーになるための転職活動をしている場合には、応募企業と面接で「どの言語をよく利用していますか?」と聞いておくと、意欲的にとらえられますし、入社前に勉強もできるのでオススメです。

どのプログラミング言語を使えれば給料が高くなるのか

では、どのプログラミング言語を覚えたら、高収入になれる可能性があるのか、いくつか紹介します。

  • Scala(スカラ)
  • TwitterやChatworkなどもの人気コミュニケーションツールがScalaというプログラミング言語に切り替えていることで、注目度が高まっています。
    日本ではScalaを使えるプログラマーが少ないということで、高収入が狙えるプログラミング言語になっています。

  • Ruby(ルビー)
  • 初心者の方にも覚えやすいRuby。Rubyは人気のプログラミング言語で、Rubyが使える人材を探している求人も増えています。Rubyを扱えるようになっていると、高収入の求人ともご縁があるかもしれません!

プログラマーとして転職するためには?

プログラマーとして転職を検討しはじめたら、転職サイトに登録してみましょう。
プログラマーとして、オススメの転職サイトをご紹介します。

DYM就職


DYM就職は、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方へ向けて正社員求人を多数紹介しています。

経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能です。

またDYM就職は、未経験可の求人を多数取り扱っているため、未経験でもIT業界へ入ることができます。

書類選考なしで面接面接までセッティングしてくれることが最大の強みと言えます。

ProEngineer


ProEngineerは未経験でもプログラマへの正社員就業率96.2%を誇るITエンジニア専門の転職支援会社です。
求人数は3000件以上あり、取引企業は800社を超えます。
またProEngineerは未経験でも安心で無料のインターンシップ「プログラマカレッジ」があり、就職を徹底サポートしてくれます。第二新卒やフリータの方におススメします。

Workport(ワークポート)


ワークポートはIT・インターネット業界だけでも約2000社との取引実績があり、常時15,000件もの求人が強み!
非公開求人も豊富で、各業界の転職のプロによる専門性の高いサポート ・オリジナルツール「eコンシェル」が便利です。
ワークポートの転職支援サービスは完全無料で60秒で登録完了できます。 書類の添削、面接対策、年収交渉、円満退職まで完全サポートしてくれます。
転職が初めてのプログラマ経験者や、プログラマ未経験者にもおすすめです。

稼げるプログラマーを目指しましょう!

「プログラマー」という職種について、ご紹介いたしましたが、参考になりましたか?

プログラマーは、IT業界では欠かせない仕事です。プログラマーになったら、たくさんのスキルと経験をつけて、高収入を狙ってみましょう!

-職業

Copyright© Job search info , 2019 All Rights Reserved.